Artist Statement

 

 

私は日常世界を見つめ直すことに惹かれる。現実を問い直すことは、社会的な機能を取り除き、中立的な視点に立つことである。こうして世界を再定義していく行為が私の作品である。

当たり前だと思い、普通だと思い、何も気がつかずに世界に埋もれていくのが日常である。

しかし、私は世界がより多面的で、常に別の眺望が存在しうることを信じている。

私は写真を通じて世界のあり方を問い続ける。

 

 

I am curious about questioning the daily life.

Questioning reality removes my prejudice and puts myself in a neutral viewpoint.

By trying so and taking photographs, I think I can redefine the "true" world.

We tend to be buried in our daily lives, taking many things for granted, seeing nothing unusual, and not doubting what is out there.

However, I believe, our world is made up of multilateral layers and there always exists another perspective and you can see it once you free yourself.

It will be my life work to find such perspective through photography.