検索
  • Nob K.

優れた知性を反映した写真


FREDERICK H. EVANS (British, 1853-1943)

“A Glade in the New Forest” 1891, Platinum print

今日の”LOOKING AT PHOTOGRAPHS”からの紹介は、REDERICK H. EVANSの撮影した森の写真です。

EVANSは、45歳までアマチュアの写真家で、彼の本職は本を売ることでした。彼の本屋はちょっと変わっていて、彼が優れた本田と判断したものだけを客に勧めて売っていました。作家Geroge Bernard Showにとって、EVANSは理想的な彼の作品の売り子でした。

中年になって彼は本屋を引退して写真に本格的に取り組むことになります。特に彼のイギリスのゴシック様式の教会の写真のシリーズは有名で、最も優れた建築写真家の一人として記憶されることになります。彼は写真だけではなくそのイギリスの教会に関すして残したコメントは、彼の知性や深い理解を反映したもので大変優れたものでした。こうした彼の写真作品は、単純な撮影作業による記録ではなく、まさに彼の知性によって獲得されたものと言えます。他の写真家が教会を石によって作られた建築物として見ていたことに対して、EVANSは空間と光にって構成されたものとして見ていました。この彼の視座によって厳密に作品を作るために、EVANSは完璧な職人である必要がありました。彼のプラチナプリントは、まさにこれを実現するために繊細で厳密なものであったのです。

今日の写真も彼の教会のシリーズのように単に木を撮影したのではなく、森を撮影したものと言えるでしょう。このカエデの木々でさえも本質的には単なる物質ではなく光により構成された要素として見られています。EVANSのこの森は植物学者が観察したものと言うよりは、文学者が観察したものです。この写真の優美な森はハンプシャーの古代の幽霊に出会いそうな奥深さを感じさせるのではないでしょうか。


#写真 #表現 #アート #歴史

22回の閲覧